SC3ウェブサイト

features

仙台動画|市役所deお仕事 vol.3

 

仙台のクリエイターがつくる 仙台の動画「仙台動画」
テーマは「市役所deお仕事」です
市役所ではたらく人の姿と思いを 動画から伝えます

 

 

仙台動画|市役所deお仕事 vol.3-教育局 生涯学習部 文化財課

 

 

 

||||||||||

編集後記

誰もが通る道なのか わかりませんが、
無意味に穴を掘るという経験、ありませんか?

私自身、ひたすら 庭に穴を掘るという経験があります。
(掘りすぎて、「お坊さん」という愛称がついた時期がありました笑)

そこには、何かが出てくるかもしれないというドキドキ感と、
穴を深く掘る、生理的な気持ち良さがありました。

 

さて今回は、仙台市の様々な場所で 穴を掘って 発掘調査を行うお仕事。
仙台市教育委員会 文化財課 調査調整係にお邪魔しました!

取材した発掘調査は、大野田小学校の敷地内で行われました。
給食棟を増設する工事をする前に、地下にある遺跡を記録することが目的です。

体育館裏の調査場所

過去の人の営みを 保存・記録することは、とても重要です。

数千年前の人が、今自分の立っている場所に住んでいたという事実。

当然のことでもありますが、それが目に見える形で出てくると、それだけで感動します。

今回の調査でも、平安時代や奈良時代の様々な人の痕跡が見つかっていて、私は心が躍りました。

土の色の違いから、当時の痕跡を見きわめる

発掘調査を行っていると、通りがけに地元の方が声をかけてくることも多いそうです。

担当の妹尾さんは、「遺跡が自分と地域とのつながりを作ってくれる」とおっしゃっていました。

穴を掘ることで、自分の思い出の場所が増えていく。

穴を掘ることと、撮影をすることは、保存・記録という面も含めてとっても似ていると思いました。

さて、「市役所deお仕事」は、今回の動画で最終回となります。

全編を通して、
「私たちの仕事は、果てしない」
というコピーをつけさせてもらいました。

私たちの「仙台」を、維持・発展させていく。

ゴールや正解がない、果てしないお仕事だなぁとつくづく思っています。

みなさんは「公務員」と聞くと、何を連想しますか?

女性の少ない職場?つまらない仕事?

市役所でのお仕事は、そういった「公務員」のイメージとは違って、
とても自由で、多様性に富んでいました。

私が担当した、仙台動画のこのシリーズが、
そういったイメージを変えるキッカケになれば嬉しいです。

仙台動画|市役所deお仕事 vol.3

映像制作|千葉 太郎

 

市役所deお仕事 vol.1 > 市役所deお仕事 vol.2 > 市役所deお仕事 vol.3

千葉 太郎

1989年宮城県生まれ。
仙台を拠点に、主に広告やテレビ番組を制作。
ディレクター・映像カメラマン・エディターとして、様々な案件に参加。

SEARCH

SITEMAP