SC3ウェブサイト 仙台市

はま田あつ美

Creators Diary クリエイターズダイアリー

仙台で活動するクリエイターらが日々の出来事や想いを書き留める7日間のフォトダイアリー。誰にでも等しく訪れる一日。けれどもその数だけ異なる一日がある。書くことで読まれる出来事と、読むことで知る誰か。コロナ禍に顔を合わせる機会は減れども、それぞれの日常は続いている。「元気だろうか?仕事はどう?」と頭に浮かぶあの人が近くて遠いこの頃に綴る、一週間の記録です。(月3回更新予定)

9月27日(日) くもり

久しぶりのお江戸方面への出張撮影。電車を乗り継ぐ時にいちいち切符を買わなくて済むように、いつもより多めの金額をICカードにチャージをして新幹線に乗車。公共交通機関を使う際には、細心の注意を払いつつ待ち合わせの場所へ移動。そこから撮影現場まで移動するために乗り込んだタクシー。の中を、優雅に漂う一匹の蚊を発見…。ドアにとまったのを見計らって思いっきり叩き潰してしまい、左手には誰のかもわからない血が。(終わった…)すぐさまティッシュで拭いまくり、手持ちのアルコール消毒用ジェルを擦り込んだが…内心気が気ではなかった。とはいえ乗車中血を吸われるのも嫌だし、いったいどうするのが正解だっただろう…。帰りの新幹線で月を眺めながら、思い出してはひどく落ち込んだ。

9月28日(月) はれ

今日も朝から撮影。月曜日からおつかれさま自分の労りの気持ちを込めて、夜は思い切って外食、さらに某アイスクリーム屋さんでアイスをテイクアウト。しかも二種。(なんて贅沢)

ドライアイスに水をかけて、シンクを満たすスモークを眺めながら「この行為をする人いますか」とインスタグラムに投稿。結果、19人も同じようにドライアイス遊びをするとのこと。それぞれ別の地域に住む知り合いとの些細な共通点がうれしく感じた夜だった。

9月30日(水) はれ

家での作業も、外での撮影もないまっさらな休日は、のろのろと昼前に起きた後、美術館か神社のどちらかへ行くことが多い。特に今年は厄年真っ只中であるにも関わらず厄払いのタイミングを逃していたこともあり、暇を見つけては神社へお参り行っていたような気がする。家族と自分に関わる人と自分が皆健康無事でいられますように。

写真は帰り道に立ち寄った個人経営の文房具屋さんにて購入した、くだものの絵柄の学習シール。手前のハッサクのような色をしたみかんも、奥の鮮やかなオレンジ色をしたみかんも、品番が同じでちょっとおもしろかった。日に焼けすぎてる!

10月2日(金) はれ

午後からカフェにてインタビュー風景の撮影。わたしが関東方面へ行った時に必ずと言っていいほど飲んでいたコーヒーの豆が、なんと!偶然にも!そのカフェで販売されていた!商売上手な店員さんに案内されるがままに、いつも買うものの倍以上の値段のコーヒー豆をサクッと買ってしまった…「今出ている分がなくなったらしばらく入ってこないですよ〜」「リピーターも多くて…」なんて言われたらそりゃ買ってしまうよ。いいんだ、東京に行くよりは安いし…いいんだ…。

10月3日(土) くもり

午前中は物件撮影、家に帰ってきてから少し休憩して、6時間ほど通しで写真の補正作業。1日1回は落ちてしまうパソコン…夏に買ったばかりなのに…!落ちるたびに警告の画面をインスタに上げていたら、友人から「エンディングの方、大丈夫ですか?」とメッセージが届くようになった。確かにエンドロールに見えなくもない…そのままパソコン自体がエンディングを迎えてしまわないことを祈るばかり。

10月4日(日) はれ

数日前にポストに投函されていた記入して返送しなくてはいけない資料のもろもろに目を通すため、お気に入りのカフェへ。おいしいカフェラテをちびちびと飲みながら時間をかけて記入。こういうのって家にいると封すら開ける気にならないのはなぜなのか…これは永遠の謎。少し前までカフェラテもアイスばかり飲んでいたけれど、ホットがおいしい季節になってきた。秋の装いに衣替えした空を眺めながら自転車をこぐ。そろそろキンモクセイが香ってきそうな予感がする。

10月5日(月)くもりのちはれ

午前は取材撮影、午後からは建物の撮影の二本立て。ここ何ヶ月の間でグッと可動日数が増えたので、近いうちにでもカメラのメンテナンスをしに行きたいなぁと思いつつ、このご時世、なかなか足を運べずに今にいたる。とりあえず手持ちのブロワー&クリーニングクロスでしのぐしかない。なんで仙台のCanonサービスセンターなくなっちゃったの〜。

写真と文 = はま田あつ美

東北芸術工科大学メディアコンテンツデザイン学科卒。建築写真(新築、リフォーム、リノベーションetc)やイベント写真、ポートレートなどの写真撮影をメインに活動。

SEARCH

SITEMAP