SC3ウェブサイト 仙台市

私と「食」

ワタシト

毎回一つのテーマに沿って、SC3編集部のライター陣がエッセイを執筆。「私と●●」と題し、そのテーマとのつながりを語りながら、写真やイラストと組み合わせ、一つの作品として発表していきます。自分はそれについて、どんな印象をこれまで抱いてきたのか。自分の人生にとって、それは一体どんな影響をもたらしているのか。そんなクリエイターたちの「個性」が覗ける新企画。毎月2回、更新していきます。

さむい、さむいと背中を丸めて、くぐる暖簾は「おでん」。
ちぢこまったからだをほどいて、まずは乾杯のビールだ。

お出汁がしみて透きとおる大根。
まずは、ひとくち。

はふはふ、ふうふう。

次はたっぷりからしをつけて。
辛味が鼻に効きすぎるくらいが良い。
すかさずビールでグイッと流そう。

厚揚げ、たまご。
はふはふ、ふうふう。

さてさてお姉さん、次のお酒は何にしましょうか?
「ビールの炭酸でお腹いっぱいになるのはもったいない」。
なるほど、一軒目で2杯のビールを飲んできた私は
確かに食べるペースが落ちているようだ。

日本酒、ワイン、ジン、焼酎。
うまいおでんは、どんなお酒にも合う。
冒険して次はレンコン。はふはふ、ふうふう。
これはこれは、柚子胡椒と合う。

行儀が悪いと思いつつ、からしをひと舐めして日本酒を飲む。
辛味成分は胃を刺激して食欲を増進させるというのだから困ったものだ。
まだまだ食べられる気になってしまう。

もうひとつくらい何か食べたいな、というところでお会計。
腹八分目、大人なお酒の楽しみ方を覚えた夜だ。

Illustration = 今井 のどか

デザイナー・アートディレクター

広島県出身。多摩美術大学工芸学科卒業後、都内バッグメーカーにてデザイナーとして勤務。
岩手県釜石市の起業型・地域おこし協力隊として釜石市に移住。
2020年よりフリーランスとして主に岩手県を中心に活動中。飲み歩きが好き。

Email : noodoo29@gmail.com
Instagram : nodoka_imai

Writer = 鈴木 杏

装飾デザイナー・ライター

岩手県釜石市生まれ、盛岡育ち。ファブリックメーカー、キャンドルショップ、専門学校非常勤などを経験し、シェア型複合施設THE6のスタッフとして運営に携わる。
2020年よりフリーランスとして活動中。仙台と岩手の二拠点生活練習中。

Instagram : tyag_tyag / an56mochi_

SEARCH

SITEMAP