SC3ウェブサイト 仙台市

私と「熱」

ワタシト

仙台で活動するクリエイターとSC3編集部のライター陣が、毎月のテーマに沿って作品を発表する「ワタシト」。
そのテーマとのつながりを語りながら、写真やイラストと組み合わせ、一つの作品として発表します。
自分はそれについて、どんな印象をこれまで抱いてきたのか。
自分の人生にとって、一体どんな影響をもたらしているのか。
書き留めたエッセイとともに、クリエイターたちの「個性」を覗ける企画です。(月1回更新)

毎月文化祭があって、常に全力でその準備をしているような生活を送っている。

しかし、その準備に参加しない同じクラスの男子がいたり「どうせうまくいきっこないよ」と余計な言葉をかけてくる隣のクラスの女子も登場したりする。

彼らを睨みつけるのに疲れた時は、手を動かすのを諦めてしまうものだ。

学生時代から10年以上、絵や文章をつくることを続けているが、熱がサーッと引いてしまう時期が何度もあった。「こんなに熱心に頑張っているのに」だけでは共感や評価を得ることが出来ないのが、つくる行為の面白さであり、つらさでもある。

基本、つくる行為ってのは地味なのだ。

しかし、今まで何度も悔しい気持ちになっているのに、今日も明日も、最高の文化祭を迎えるために私はずっと手を動かしている。熱意以外の全てをかなぐり捨ててもいい、とさえ思っている。

私が画用紙と睨み合い、ペンを握っている間も、クラスメイトだった女子たちは恋人と見つめあい、互いに手を強く握っていた。私が「もう嫌だ、一生なにもつくりたくない」と泣き喚いた夜に、彼女たちはナイトプールでオシャレなドリンクをたくさん飲んで、気持ちよさそうに過ごしていた。

みんなみんな、知っている。フェイスブックでこっそり見ていたのだから。

ひとりでも、みんなででも、何かひとつのものを作りあげるのは気持ちいい。

いつだって気持ちいいことがしたいのは、パーティーピーポーも、私も、一緒なのである。

Painter = 木村 良(きむら・りょう)

1952年宮城県生まれ、仙台市在住。
グラフィックデザイナー、美大生を経て現在は非常勤講師やフリーランスとして活動。
青木繁記念大賞展入賞やFACE展、上野の森美術館大賞展などで入選するほか、個展、グループ展も多数。
身の回りの自然や動物、名画をモチーフとするなど自由な画面構成と多様な試みで、絵画ならではの世界を追求している。
6月10日(木)までTURN ANOTHER ROUND(仙台フォーラス 7F)にて、絵画と陶芸展「じゆうになりたい。」開催中。

Writer = 昆野沙耶(恐山らむね)

1993年2月生まれ、仙台市出身。宮城大学 事業構想学部デザイン情報学科 卒業。

編集者・ライター。ときどきイラストレーター。
特定非営利活動法人 まちづくりスポット仙台 ディレクター。
勤務先の交流スペースに遊びに来る小学生と一緒になって遊ぶのが好き。

E-mail:osasimichan@gmail.com
note(仕事・作品まとめ):https://note.com/ossm_ls

SEARCH

SITEMAP