SC3ウェブサイト 仙台市

analogpress アナログ製版・印刷製本における展開(*プロジェクト名は『仙台から発信するインディペンデント出版』より変更)【有限会社菊信紙工所】中間報告会レポート

projects プロジェクト

発表では、昨今の困難な社会情勢・環境の中、プロジェクトの実現可能性を突き詰めた結果「analogpress──アナログ製版・印刷製本における展開」として企画を整理しなおし再スタートすることが報告された。オフセット印刷などの大規模な機械を利用せず、シルクスクリーンや版画など手仕事の技術的な精度を高めることにより、analogの特徴を深化させ、海外との連携強化や活動領域の拡大に繋げる狙いがある。将来的には質の高い作品づくりや特徴的な製本などを視野に入れ、また、子どもたちとのワークショップなど地域社会への技術やアイデアの還元も考えられているという。

具体的には5月に行われるバンコクの版画スタジオPPPとの共同展示にかかる作品づくりを通して実験的かつ独自の技術深化を図ることとなる。
審査員からは、海外とのやりとりだとしてもモノとしてクオリティを担保するような仕組みを考えること、仙台での展示も視野に入れて進めること、現状でアーチストや業界が問題としている点などを丁寧にすくい上げて記録しておくことが後の財産となるであろうことなどがアドバイスされた。

開催日:2021年1月18日(月)
執筆者:松井健太郎(伴走支援者/株式会社BLMU)

SEARCH

SITEMAP